イメージ画像

ショッピング枠の現金化についてご存知ですか?

街の看板などで、「カード現金化」といった文字を目にしたことがあるかもしれません。
これ、どういった仕組みなのかというと、クレジットカードの買い物をする枠「ショッピング枠」の利用限度額を、現金に換えられるという方法なのです。
手続き自体は非常に簡単。クレジットカード現金化会社から特定の商品を購入したら、特典としてキャッシュバックを受け取るだけ。
あとは後日、普段の買い物と同じように、カード会社から、商品代金分の請求が来るというわけです。
ここで大事になってくるのが「還元率(キャッシュバック率)」という言葉。
つまり、代金の何%を現金化してくれるのか、というレートです。
一般的には70~90%と言われていますが、最近では90%を超える業者も多く存在します。
あまりに不自然な99%といったレートでは不安ですが、それ以外ではやはり率は高いほうがいいわけです。
同じショッピング枠でも、率が高いほうが、多く現金を受け取れるということになります。
こうして現金を還元してもらっても、買い物は買い物ですから、通常のショッピングと同じくカード自体のポイントもつくわけです。
最近の現金化業者では、ほぼどのようなカードでも利用することができますから、カード自体のポイント還元率が良いものを利用すれば、現金化以外でもトクをすることができてしまうと言えるでしょう。
飛行機のマイルがたまったり、魅力的な商品に交換できたりと、クレジットカードのポイントプログラムも良いものが多いわけで、これを利用しない手はないかもしれませんよ。

使わなければ損

クレジットカード現金化には、当然クレジットカードが必要です。
現金化にもたくさんの業者があるように、クレジットカードの会社にもより多くの会社があります。
もし、これからカードをつくるという人は、自分に合ったカードをリサーチしてからでも遅くはないのでは。
なぜなら、カードによってサービスは多種多様なため、生活スタイルに合わせて何枚かを選ぶととても便利だからです。
クレジットカードには、大きく2つのサービスに分かれます。
ひとつめは、ポイントサービス。これは、使えば使うほどポイントが貯まるというおなじみのサービスです。
一定以上ポイントが貯まると、賞品やギフトカードなどと交換することができます。
最近では、ネットバンクなどにキャッシュバックを行うこともでき、ますます便利になっています。
こうしたポイントにも「還元率」という考え方はあります。
たとえば、100円で1ポイント貯まるAというカードと、200円で1ポイント貯まるBというカードがあったとします。
ともに、1000ポイントで1000円分のギフト券などがもらえるとすると、Aは1%、Bは0.5%の還元率になりますよね。
より、効率よくポイントが貯まるカードを選んだほうがお得だというわけです。
もうひとつは付帯サービスと呼ばれるもの。「持っているだけ」で享受できるサービスで、たとえば旅行保険、マイレージシステム、ガソリン割引など、各カード会社が生活スタイルに合わせたカードを用意しています。
いまではほとんどのお店でクレジットカードが使えるようになりました。
サービスはたくさん用意されていますから、使わなければ損。特徴をしっかり頭に入れ、ニーズに合ったカードを使い分けられたら良いのでは?

このページの先頭へ